Deciphering Origin and Establishment of Yaponesians mainly based on Genome Sequences

正式名称:ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明
文部科学省科学研究費補助金 新学術研究( 複合領域) 2018 ~ 2022 年度

ヤポネシアとは?

ラテン語で「ヤポ」は日本を、「ネシア」は、島々を意味します。これらふたつをつなげて、 長く奄美大島に住んだ作家の島尾敏雄が、1960 年代に提唱したものです。

 

研究概要

 

Yaponesian 季刊誌0巻0号が刊行されました。 → ダウンロード

新学術領域研究ヤポネシアゲノムのツイッターをはじめました。 

ヤポネシア(日本列島) には約4万年前に最初のヒトが渡来し、その後も何度か渡来の波がありました。この枠組みの中で、ヤポネシア人(日本列島人)はどのような集団にその起源をもつのか、ヤポネシアにおける成立・発展の過程はどうであったのかを、多地域から選別した現代人500個体と旧石器時代~歴史時代の古代人100 名のゲノム配列を決定し比較解析することで、ヤポネシア人ゲノム史の解明をめざします。ヒトとともにヤポネシアに移ってきた動植物についても、それらのゲノム配列の比較から歴史を解明します。過去の人口増減の詳細な歴史を、ゲノム配列から推定する既存の方法や新規に開発する方法を用いて、再構築します。ヤポネシア人の歴史を多方向から検討するために、これらゲノム研究と、年代測定を取り入れた考古学研究や、日本語・琉球語の方言解析を含む言語学の研究グループとの共同研究を行ないます。これらから、文理融合のあらたな研究領域を確立します。

本研究は、文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明」(領域略称名:ヤポネシアゲノム)のもとに進めています。 2018 年9 月10 日に開催した記者会見で用いたスライドファイル → ダウンロード

日本列島人の起源と成立をさぐる本研究に、皆様のご支援をお願いいたします。 この研究プロジェクトに寄附を希望される方は、領域事務局までご連絡ください。 → 領域事務局

2019~2020 年度の公募研究申請を予定されている方は、文部科学省のウェブサイトをご覧ください。

文部科学省のウェブサイト( 【公募要領、計画調書のダウンロード】を参照ください)

公募要項(公募要領の71 ページに記載されています)

文部科学省のウェブで公開予定の領域紹介を、ひとあしさきに公開します。 → ファイルダウンロード