トピックス

青谷上寺地遺跡の出土人骨DNA分析に関するシンポジウム「とっとり弥生の王国プレミアムシンポジウム『続・倭人の真実 -青谷上寺地遺跡に暮らした人々-』」が開催されます。

日時
2021年10月30日 (土)  

B01考古学班とA02古代ゲノム班が共同で行なっている青谷上寺地遺跡の出土人骨DNA分析に関するシンポジウム「とっとり弥生の王国プレミアムシンポジウム

『続・倭人の真実 -青谷上寺地遺跡に暮らした人々-』」が開催されます。

とっとり弥生の王国プレミアムシンポジウム

 「続・倭人の真実 -青谷上寺地遺跡に暮らした人々-」

 

 開催日時 令和3年10月30日(土) 13時00分~16時40分
開催場所 とりぎん文化会館小ホール(鳥取市尚徳町101-5)
会場定員 200人 オンラインによる同時配信を実施  ※いずれも要申込
入場無料 要約筆記あり

※新型コロナウイルス感染症の状況により、オンラインのみでの開催に変更する場合があります。

 

<タイムテーブル>

13時00分~13時10分  開会
13時10分~13時40分  講演1 藤尾慎一郎(国立歴史民俗博物館教授)
「弥生時代研究の変革-ヤポネシアゲノムと考古学-」
13時45分~14時15分  講演2 篠田謙一(国立科学博物館館長)
「青谷上寺地遺跡出土人骨から何が見えてきたのか」
14時20分~14時50分  講演3 濵田竜彦(とっとり弥生の王国推進課)
「青谷上寺地遺跡出土人骨の時代背景-弥生時代後期の鳥取地域-」
15時00分~16時30分  パネルディスカッション「倭人の真実」
  パネリスト      藤尾慎一郎、篠田謙一、濵田竜彦
                コーディネイター 清家章(岡山大学大学院教授)
16時40分           閉会

 

<詳細>